iPhoneXの低迷でサムスンが有機EL4割減産
韓国のサムスン電子は有機ELパネル工場の稼働率を計画の6割程度まで落とすこととなった。
有機ELパネルはiPhoneXに独占供給する形だったが、2017年11月3日の発売から1か月以上の品薄と高額な本体価格との影響からか販売台数が当初予想を下回った影響と思われる。
アップルは2018年第1四半期(1~3月)におけるiPhoneXの販売台数の見通しについて、5,000万台から3,000万台へと下方修正している。

時事の関連記事
  • 移転のお知らせ
  • 寝具大手「ふとんの西川」が大炎上
    寝具大手「ふとんの西川」が大炎上
  • トランプ大統領と金正恩が5月に会談!日本は置き去りにされた
  • イチローが古巣マリナーズ復帰!大谷との対決を熱望
  • 松坂大輔
    松坂大輔の税金は年俸の10倍以上!?
  • 飛行機が乗客のおならで緊急着陸!警察沙汰になる
おすすめの記事