2018年2月23日に財務省が2020年東京五輪・パラリンピック開催を記念する貨幣のデザインを発表した。
2020年東京五輪・パラリンピック開催記念硬貨は30種類発売

今回発表されたのは1万円金貨幣、1000円銀貨幣(2種類)、100円貨幣(2種類)の5種類。
1万円貨幣と1000円貨幣は2018年7月頃申し込み受付開始で11月頃発送予定。

販売硬貨の種類

  • 1万円金貨
    純金製。「心技体」を伝統的な流鏑馬(やぶさめ)と組み合わせたデザイン。4万枚発行、販売価格は12万円
  • 1000円銀貨
    純銀製。五輪版は水泳、パラリンピック版には柔道を日本の伝統文様と組み合わせた柄。裏面には彩色を施した東京大会のエンブレムと、東京都の花と木であるソメイヨシノとイチョウの葉があしらわれている。各10万枚発行。販売価格各9500円
  • 100円硬貨
    銅・ニッケル製。異なる種類の金属板をサンドイッチ状態に重ね合わせた「クラッド技術」で製作されている。取り扱い金融機関の希望枚数を踏まえて発行枚数が決まる。

今回の分も含め、東京オリンピック開催までに30種類の記念コインが発行される見込み。

関連キーワード
モノの関連記事
  • 2020年東京五輪・パラリンピック開催記念硬貨は30種類発売
  • ユーチューバーのカードが入ったポテトチップスが2月27日発売
    ユーチューバーのカードが入ったポテトチップスが2月27日発売
  • 123
    52時間の大特価!Amazonタイムセール祭り2月28日18時から52時間開催
  • 携帯3社がLINEに対抗するメッセージサービスを年内にも開始
    携帯3社がLINEに対抗するメッセージサービスを年内にも開始
  • 左右独立DAC搭載の2万円代で買えるFlioのハイレゾプレーヤー『X3 Mark III』
    左右独立DAC搭載の2万円代で買えるFiiOのハイレゾプレーヤー『X3 Mark III』
おすすめの記事