コインチェック流出NEMが国内取引所Zaifに8億円分流入
2018年1月26日に仮想通貨取引所「Coincheck」から約580億円相当の仮想通貨NEMが流出した件で、盗まれたNEMが国内仮想通貨取引所の「Zaif」に8億円分を超える分が大量に流入していることがわかった。
ITmedia NEWSによるとZaifへの入金は2月22日から続いていて、3月4日までに約2260万XEM(約8億円分)以上が流入しているという。
盗まれたネムにはNEM財団が付けた「モザイク」と呼ばれるマークが付与されているが、一度CoinPaymentsに送金した後に、CoinPaymentsから取引所に入金させることでモザイクがないアドレスからの送金に見せかけているという。
犯人はいまだ特定されておらず、「Coincheck」に預けているモナコインはいまだに取引ができず、保証もされていない状況が続いている。

関連キーワード
時事の関連記事
  • 移転のお知らせ
  • 寝具大手「ふとんの西川」が大炎上
    寝具大手「ふとんの西川」が大炎上
  • トランプ大統領と金正恩が5月に会談!日本は置き去りにされた
  • イチローが古巣マリナーズ復帰!大谷との対決を熱望
  • 松坂大輔
    松坂大輔の税金は年俸の10倍以上!?
  • 飛行機が乗客のおならで緊急着陸!警察沙汰になる
おすすめの記事
たつき監督新作アニメ動画公開
アニメ
けものフレンズの監督として有名となった、たつき氏の新作アニメがツイッターで公開されました。 約2分のショートアニメですが、たつき節で前回の動...