アンドロイド端末の40機種以上で最初からトロイの木馬に感染
スマートフォンで人気のAndoroid端末の40機種以上に、メーカーから出荷された時点からマルウェア「トロイの木馬」に感染していると、ロシアのアンチウイルスソフト等を手掛けるセキュリティ企業「Doctor Web」が2018年3月1日(現地時間)に発表した。
上海のソフトウェア開発会社に原因があるようだが、メーカーが対応せずい今でも発売しているのが原因だという。
トロイの木馬は悪意のあるプログラムが実行され、利用者が知らない間にデータが盗まれたり削除される当の被害を被る可能性がある。

感染モデルの機種一覧リストより下記抜粋。

  • Leagoo M5
  • Leagoo M5 Plus
  • Leagoo M5 Edge
  • Leagoo M8
  • Leagoo M8 Pro
  • Leagoo Z5C
  • Leagoo T1 Plus
  • Leagoo Z3C
  • Leagoo Z1C
  • Leagoo M9
  • ARK Benefit M8
  • Zopo Speed 7 Plus
  • UHANS A101
  • Doogee X5 Max
  • Doogee X5 Max Pro
  • Doogee Shoot 1
  • Doogee Shoot 2
  • Tecno W2
  • Homtom HT16
  • Umi London
  • Kiano Elegance 5.1
  • iLife Fivo Lite
  • Mito A39
  • Vertex Impress InTouch 4G
  • Vertex Impress Genius
  • myPhone Hammer Energy
  • Advan S5E NXT
  • Advan S4Z
  • Advan i5E
  • STF AERIAL PLUS
  • STF JOY PRO
  • Tesla SP6.2
  • Cubot Rainbow
  • EXTREME 7
  • Haier T51
  • Cherry Mobile Flare S5
  • Cherry Mobile Flare J2S
  • Cherry Mobile Flare P1
  • NOA H6
  • Pelitt T1 PLUS
  • Prestigio Grace M5 LTE
  • BQ 5510
おすすめの記事